社会は夢の共同体 - みえないものを語る - | Society is Community of Dream -Tell The Invisible -

2019, video installation, 16 min 26 sec

精神の病を患う方を対象に「今までにみえないものについて経験したこと」を語ってもらう。

そして話の内容から浮かび上がるイメージをもとに、作家と共に粘土に形を与えていく。

本作は精神療法の一つである箱庭療法を参考にしたが、治療ではなく対話として展開させた。

一般的に幻覚、幻聴、妄想といったものは、他者に対してわからないものとして受け止められがちのように思う。しかし、絶対的に共有することが出来ないものであったとしても、共有し考えをすり合わせる中でほんの僅かにお互い歩み寄ることは出来るかもしれない。

ただ、本作では撮影の条件として肉声は取り除き、語る姿は映さず、個人は把握されないようにとの条件の中で行われたが、それはまだお互いに歩み寄るということの難しさをどこか私に感じさせた。

 

 

I have asked a person with mental illness to talk about ‘the experience of seeing something invisible’, and we together give a chunk of clay a certain form based on the imagination aroused through our conversation.

This project was inspired by Sandplay Therapy, but it was originally developed as a method of dialogue and it was not for the purpose of therapy. Generally speaking, one’s hallucination or delusion is considered as something impossible for others to understand. But even if each of us bears unsharable ideas, the process of trying to share and negotiate one another may allow us to get slightly closer. The shooting needed to be executed under the conditions proposed by this person: excluding the appearance and voice in order to prevent identification. the work only contains my own voice of chiming in. The actual shooting process left me a feeling of difficulty: difficulty of building up a relationship through anonymous others.
The title is an extract from another person’s talk: ‘The expression, “Society is a Community of Dream”, has put my life out of order’.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

社会は夢の共同体 - 名無し - #1, #2, #3, #4  |  Society is Community of Dream - Anonymous - #1, #2, #3, #4

2018, ink-jet print, 127×178 mm

明治・大正の時代、精神疾患を抱えた当事者をいわゆる座敷牢に監禁していた当時の現状を記録した『精神病者私宅監置ノ実況及ビ統計的観察』(呉秀三、1918年)には、当時の記録写真が載せられている。いくつかの写真を見ると、当事者の顔ははっきり写っているが、看護をあたっている家族や支援者の顔は白抜きや黒塗り、または顔が写らず体の一部分のみ写り込むといった(これらが意図してこのような処理を施したかは不明だが)、モザイク処理を施したようにも読み取れる。作品では、上記のいくつかの写真をプロジェクターに投影し、誰だかわからない名無しとなった人の姿をなぞるように作家が写り込む。

モザイクを施すことでそれぞれの立ち位置は、常にうやむやにされ、人間の精神はモザイクのようにぼんやりとしか映らない

 

 

During Meiji and Taisho era, People with mental illness were privately kept in confining rooms. There is a document with photos titled ’Report and Statistical Observation on Private Confinement of Patients with Mental Illness’ (written by Shuzo Kure, published in 1918). In some photos, some mosaickings seem to be done on the faces of family members and caretakers whereas those with mental illness are clearly shown.

In this piece of work, those photos are projected onto the screen and I myself cut in and overlap with the postures of the anonymous.
Mosaicking obscures both the positioning and the mind. They reveal themselves only vaguely.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

傷とともに幽霊は踊る | Phantom Dancing with Pain

2018, video installation, 20 min 06 sec

東日本大震災以降、被災地でたびたび噂される「被災地の幽霊」は、震災から年月が経つにつれ徐々にメディアが報じ始めた。人類学者や心理カウンセラーは『歴史上、大きな災害や戦争が起こった世界中のあらゆる地域では、多くの幽霊の目撃談が記録として残っている。不条理な死を前に生者がその死を受け止め切れない事は当然で、生者は様々な感情を霊の投影という形で表現し、吐き出すことで現実に適応していこうとする』と説明する。

本作では、そうした被災地の喪失に対する人々の姿(喪失のプロセス)に対して、東京で震災を経験した者に、自身にとっての「幽霊」を演じてもらう。

人は何を吐き出し、人がつくりだした「幽霊」は一体どこへ向かうのだろうか。 

 

 

After The Great East Japan Earthquake in 2011, it is said that ghosts appear in those disaster areas, and the mass media eventually started to report about it. Some anthropologists and  psychological counselors explain this phenomenon thus: ’there are many historical records that people had witnessed ghosts in the areas where natural disasters or wars took place. It is no wonder that the alive cannot grasp and accept unreasonable deaths. Human beings try to adapt to the reality by projecting various complexed feelings onto the figures of ghosts’.

bearing that there are people who are now experiencing the process of loss in the disaster areas, I have asked some people who experienced the disaster in Tokyo, to act and play their own ideas of ‘ghost’.  
How do we, human beings, give vent to our feelings? And the ‘ghosts’ we generated, where do they head off?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



忘れようとしても思い出せない | I can not remember even Forget

2018, single channel video 

赤塚不二夫の漫画「天才バカボン」のパパのセリフで「忘れようとしても思い出せない」という言葉がある。作品では、その言葉を男女15人にそれぞれ投げかけ、「忘れようとしても思い出せない」ことにまつわる話をしてもらう。

話をする際、

①その言葉にまつわるイメージを紙に描いてもらい、

②話し終わったあとその紙を破き、

③破いた紙を巻きタバコの様に包んで巻いて、

④「忘れようとしても思い出せない」タバコを吸ってもらう。

 私自身、巻きタバコを巻いている時間は内省的な時間と感じるが、吸い終わったその内省は、どこか重さが煙のように変わったと感じたことから制作を始めた。

 

■以下エピソードリスト

04:37 余命いくばくかの恋人

07:46 不登校時代の祖父の死

11:27 何を考えているのかわからない身近な人と犬

08:35 過去、現在、未来を通して考える

12:19 スクールカーストは雀荘に向かう

12:12 人からもらうこと

20:08 アロングタイムアGOインアギャラクシーファーファーアウェイ

08:36 親友であった人 

10:10 すれ違った美容師 

09:27 盗まれたであろう遊戯王カード

07:48 探そうと試みている状態について

08:23 病床に伏し、現れたごまプリン 

07:34 5歳の時、隠れて吸ったタバコ

10:10 恋人と飼っていた猫

13:39 板に挟まれた人、また、それをみている私

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

貧しい散歩者の夢想 | Reveries of  Poor Walker

2016,video installation, 14 min 16 sec

部屋で延々と「何か」を擦り続けている姿と、その「何か」を扱って様々な何かの行為に見立てるような姿の、2つの

行為を収めた映像作品。現れては消え、現れては消えていく「何か」を求める先には、いったい何があるのだろうか。

フランスの思想家ルソーは晩年、強度の迫害妄想に取り憑かれ公衆に対して執拗な自己弁護を試みたが、やがてそう

した企てをすべて断念し、ひたすら彼自身のために執筆した最後の作品から、タイトルは一部引用した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんとなく貧しい夢を | Somehow Poor Dream

2016,video installation, 

家の写真を燃やし撮影した映像を、プロジェクターでパネルに投影する。そうして何度も燃え上がる家の輪郭を、何度も

執拗に描こうとする。

 

日本における家というイメージは、過去には家制度などを理由に家族という単位で意思決定が行われていたが、現代では核家族社会、それは個人がバラバラのまま自由に生きていく個人主義社会ともいえ、人々は家というものから縛られずに個人として生きるようになった。しかし、家というイメージはそう簡単に人々の深層意識から消えたりはしない。

 

また、私は何かが燃えていくイメージを思い浮べるとき、三島由紀夫の「金閣寺」が浮かんだ。

三島は戦後に起きた金閣寺放火事件の犯人について「自身の生い立ちに対して金閣における美の憧れと反感を抱いて放火した」と分析し、小説を描いた。三島は炎上する前の金閣寺をこうも描写している。

「それは完全を夢見ながら完結を知らず、次の美、未知の美へとそそのかされていた。そして予兆は予兆につながり、

一つ一つのここには存在しない美の予兆が、いわば金閣の主題をなした。」

 

囚われた映像の中の”私”は、いつまでも貧しくも美しい夢を見続ける。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

貧しい洞窟の幻 | Phantom in Poor Cave

2015,single channel video, 08 min 58 sec

宮崎勤の犯行現場として、信憑性もなくいまだに噂される心霊スポット「旧小峰トンネル」で撮影した映像を、プロジェクターで壁に投影し、幽霊を探し描こうと試みる。

投影された映像から幽霊を追う時、それと思わしき発光体を探すが、実際ほどんどが手振れが強く撮影されたカメラワークの光の残像や、染みのように三点あることで人の顔に見えるシュミラクラ現象に反応している。それは心霊写真から霊を見つけ出す過程にも似ている。

そうして光に身体は動かされ、光に視覚は侵されていくと、疲弊した意識のなかで本当に幽霊がみえるような気持ちになる。その様子は、トランス状態の中、松明を灯して洞窟の奥底で描かれたという古代の洞窟壁画を私は想い起こす。一説には、洞窟壁画は現世とは異なる世界と繋がるために描かれ、描かれたイメージの膜を境に、見えない世界が広がっているとも言われている。

人々の歪んだ記憶に囚われた想像力から、実体と亡霊(イメージ)の境界は曖昧にされていく。

 

 

This piece of work is an experiment of finding out ghosts within the projected video image and trying to sketch them. The video was shot at ‘The Former Tunnel of Komine’, a famous place for psychic phenomena due to the rumors that it is the site where Tsutomu Miyazaki committed one of his murders.

The way of looking for ghosts was to look for some twinkling, but twinkling can be caused easily by camera shakes or simulacre phenomena, visual misinterpretation. It is similar to what we often do when we look at photos of psychic phenomena.
As I get tired of following the light, of being controlled by the light, and of being visually encroached by the light, I started to feel as if I was actually witnessing ghosts. I recalled how anceint wall paintings were drawn in the dark caves; it is said that wall paintings were drawn for the purpose of connecting to the next world and it was believed that the invisible world existed on the other side of those films of painting.
Thus, the boundary between the actuality and phantom images gets blurred by power of imagination which is based on distorted memories.